リネーム規則
リネーム規則
  必須項目
以下の項目は必ず使用する必要があります。
  • &filename; … (元々の)画像ファイル名で置換されます
  • &dupnum; … ファイルの重複数で置換されます。Windowsの「新しいフォルダ(2)」と同じものです。
  URL関連の項目
  • &server;完全修飾ドメイン名で置換されます。
    画面の例だと test.myserver.com となります。
  • &allDir; … ドメイン名以下の各ディレクトリ名をアンダーバー(_)で繋いだもので置換されます。
    画面の例だと dir1_dir2_dir3 となります。
  • &firstDir;&lastDir; … 最上位・最下位ディレクトリ名で置換されます。ドメイン以下にディレクトリが一つも存在しない場合、nullで置換(0文字の空白=何も無し)されます。
    画面の例だとそれぞれ dir1 ・ dir3 となります。
  画像関連の項目
赤色の項目を使用すると、画像の保存に(場合によっては数秒単位で)時間がかかるようになります。
  • 画像のファイルサイズ(&size;&sizeKb;)
  • 画像の更新日時(&iYYYY; など)
タブ毎に1~5msec(ミリ秒)程度遅くなり、さらに画像のキャッシュが存在しない場合は、サーバーへの問い合わせ時間が追加されます。
  特殊な表記
  • &[;&]; … 括弧外の表現だけでは重複を回避できない場合のみ、この括弧で囲まれた表現がファイル名に使用されます。この表記自体はファイル名に現れません(常にnullで置換されます)。
    まず最初にドメイン名やファイルサイズや日付を使用して重複の回避を試みる……という使い方を想定しています。使用例は画像を参照してください。